老後資金が足りない時代にタワマンは危険?!時代はマンション崇拝から一戸建て回帰へ?!

老後資金が足りない時代にタワマンは危険?!時代はマンション崇拝から一戸建て回帰へ?!

老後資金が足りない時代にタワマンは危険?!

タワーマンション

金融庁の審議会が6月3日に発表した「高齢社会における資産形成・管理」の報告書で「老後20~30年で最大2千万円の不足額が発生する」など、年金だけで生活することが厳しい実情が明かされた事で、大きな波紋が拡がっています。

そんな中で、現在続々と建設されているタワーマンションも危ないのではないか…と懸念が拡がっているようです。所謂、「タワマン・クライシス」です。

「タワマン・クライシス」とは、大規模修繕の費用が足りなくなり、10数年ごとに行う大規模修繕の費用が不足し、追加金を徴収されたり、大規模修繕自体が行われなくなり、放置されてしまうといった問題。

これは現在、昭和時代にリゾート地などで建築されたマンションなどでも同様の事が起きており、大問題になっていますよね。

唯でさえ、年金だけでは赤字となってしまう老後に莫大な管理費と修繕費用を払って行けるのか、不安に感じている方も多いのではないでしょうか。つい先日、人工知能(AI)が予測する「マンションの未来」では、2025年には9割近くのマンションが値下がりすると予測したそうです。

最近では利便性の良い都心のマンション価格が高騰し、新築マンション価格は一般のサラリーマンでは手が届かないところまで上昇していました。ですが、年金や老後資金問題に注目が集まった事で、老後に「管理費」や「修繕積立金」の支払いが生じる「マンション」は負担に感じる方が増えて行く可能性もあるかもしれません。

そうなると再び注目を集めるのは、郊外の「一戸建て住宅」でしょうか。勿論、一戸建て住宅の場合は自分で修繕費用などを用意しておく必要はあるのですが、それでも毎月徴収されてしまうマンションに比べると精神的な負担は少ないですよね。

東京五輪を終えて5年後の2025年は都市開発も一服し、団塊世代が後期高齢者となり、人口減少が深刻化していく時代となります。多くのデベロッパーは、人口が増えないにもかかわらず、大量の新築マンションを供給して来ましたので、一気に需給がダブつくのは目に見えています。

将来的には「スラム化」してしまう可能性のあるマンションも出て来るとの試算も出ていますし、「マンション崇拝」から「一戸建て回帰」へ、時代が進む可能性もありそうですよね。

一戸建て住宅を中心に取り扱うハウスメーカー株などに注目が集まるかもしれません。その中でも注目したいのが、老後資金が足りなくなった時に、自宅に住みながら家を担保にお金を借り入れる事が出来る「ハウス・リーバック」を展開している【3457】ハウスドゥ。

スイング注目株【3457】ハウスドゥ

ハウスドゥ チャート

同社が手掛ける「ハウス・リースバック事業」は、顧客が所有している住宅などの不動産を、あらかじめ住む期間を取り決めて同社が買い取り、売却後はリース契約をしてそのまま今までと同様に住む事が出来るシステム。自宅を売却した後でも同じ環境で過ごす事が出来る為、例えば子供の居ない老夫婦の老後資金確保などに人気です。現在、この事業が好調なようで大きく業績に寄与しています。

老後資金不足問題やタワマン・クライシスなど、先行き不安なニュースが増えていますね。景気後退局面というのをじわじわ感じて来ている方も多いのではないでしょうか。株式市場で今後、どう立ち回って行くか一度、原点に立ち返る時期にあるのかもしれないですね。

6月相場も地合いの悪い展開が予想されますが…

米中貿易摩擦は、中国側も強硬姿勢を崩さない事で泥沼化の様相となっています。

6月末の「G20大阪サミット」で米中首脳会談に注目が集まるところですが、本質的な解決には向かわない公算が高いですね。

また、日本国内では衆参ダブル選挙の可能性も浮上していますのでそれに関連したテーマ株を追ってみるのがマストかもしれません。

6月相場こそはテンガバー級の急騰株を掴みに行って、大勝利を目指したいところですよね。弾みを付ける為に、ここで読者の皆様と耳寄りな情報を共有したいと思います。

今年に入ってからも急騰株をズバズバ先取りしているのが《株エヴァンジェリスト》という株サイトなのですが、皆さんココもう試しましたか?本当に凄いんですよ。

例えば下記の銘柄は《株エヴァンジェリスト》が推していた銘柄なのですが、株価2倍や3倍は当たり前の急騰株がズラリ。本当に凄くないですか、ここ。

【6096】レアジョブ
推奨日2019年2月25日/1568円→高値日2019年3月28日/3540円
《株価2.25倍》
【7671】AmidAホールディングス
推奨日2019年12月27日/1159円→高値日2019年3月29日/4400円
《株価3.79倍》
【4596】窪田製薬HD
推奨日2019年3月11日/406円→高値日2019年3月20日/1043円
《株価2.56倍》
【3498】霞が関キャピタル
推奨日2019年2月20日/2548円→高値日2019年3月8日/5750円
《株価2.25倍》
【4588】オンコリスバイオファーマ
推奨日:2018年12月3日/704円→2019年2月25日/2178円
《株価3.09倍》
【7612】Nuts
推奨日:2019年2月12日/95円→高値日2019年2月26日/206円
《株価2.16倍》
【7048】ベルトラ
推奨日:2019年1月18日/594円→高値日2019年2月18日/1626円
《株価2.73倍》

2019年相場も5カ月が過ぎましたが、この短期間でこれだけの急騰株を先取りしていました。また直近では【株価4倍】に急騰した環境管理センターまでドンズバで先取り推奨。1カ月足らずで株価4倍ですから、ここを利用していた人は相当美味しい思いをしたんじゃないですかね。本当に情報力のあるサイトでなければ出来ない芸当だと思うんですよね。

上記のような急騰株の推移を見ていると、この株サイトの情報に丸乗りして、適当なところで利確してるだけで相当儲けを狙えそうですよね。このサイトを利用している人は相当優位に株式市場を立ち回れているのではないでしょうか。

実はこのサイトは昨年も【株価10倍超】となったエムティジェネックス地域新聞社を動意付く前に先取り推奨していました。恐らく2019年もテンバガー級の急騰株はこのサイトが推奨する銘柄から出て来るんじゃないかって個人的はめちゃめちゃ期待しているんですよ。

今、この《株エヴァンジェリスト》では無料で「急騰期待注目株」を公開してくれています。これだけでも見ておくべきでしょうね。

PR 「急騰株に強い」株エヴァンジェリスト》

とにかく今年テンバガー級の急騰銘柄を狙ってみたいと考えの方は、《株エヴァンジェリスト》から発信される情報はチェックしておくべきでしょうね。とにかく2019年こそは弾みを付けたい方、「令和元年相場」でテンバガー級の急騰株を狙いたい個人投資家の方は必見だと思いますよ。

登録がまだの方は急いだ方がいいかも。今年こそは乗り遅れたくないですもんね。

▼【簡単利用方法】

必要なのはメールアドレス一つだけ。パソコンのメールでもスマホでも携帯でもどのアドレス使っても大丈夫です。

  1. 無料のメールマガジン登録をする
  2. すぐに「無料急騰候補株」を受け取れます
  3. 後はメルマガで定期的に無料情報を配信してくれる

2019年、何より急騰株を狙いたい方は《株エヴァンジェリスト》の情報を頼ってみる事をオススメします。私も頼りにするつもりですよ。

PR 株エヴァンジェリストで急騰候補株を無料で受け取る》

注目株カテゴリの最新記事