市場規模は700兆円!!フードテック関連銘柄・植物肉関連銘柄

市場規模は700兆円!!フードテック関連銘柄・植物肉関連銘柄

フードテック・植物肉市場は700兆円規模!!

2019年4月から米国のバーガーキングでは「0%ビーフ」の取り扱いを開始しました。価格は約630円と看板商品のワッパーより1ドル高いですが、これは大豆やジャガイモ、ココナッツ油から作られた「植物肉」です。

分子レベルで研究を重ねられた、酵母から作られる「ヘム」と呼ばれる材料を大豆、ジャガイモ、ココナッツ油などと混ぜる事で、肉に非常に近い味と食感を再現するそうです。

これを開発するのは米国インポッシブル・フーズ。既に米国を中心に5000軒を超えるレストランに食材を供給しており、19年内には、家庭向けにスーパーマーケットでも販売を開始するそうです。また競合するビヨンド・ミートは年内に新規上場(IPO)の準備をすると報じられています。

今、世界中の機関投資家が資金を注ぐのがフードテック

世界の食肉業界の市場規模はおよそ7500億ドル(約80兆円)。中間層の人口増加などによって、2050年までにその需要は2倍に増えると見込まれています。

また、それとは別に近年は「食の多様化」が大きく注目されるようになって来ました。例えば、菜食主義・ヴィーガンの増加や、宗教上の理由により動物の肉を食べない(食べられない)人のグローバル化など。

また動物を殺す必要の無い植物肉は、人道的な観点からも数十年後には主流の食べ物となっている可能性があります。将来的に地球上の人口が増加し、食料不足の時代が来る事が懸念されていますが、この植物肉は、食料難を切り抜けるテクノロジーとしても大きな注目を集めています。

「食」は人間が生きて行く為には絶対に欠かせないものですし、市場の大きさは何よりも大きいのは間違い無さそうですよね。今、この食とITが融合する「フードテック」に世界中の投資家が注目しているのです。

2017年のフードテック市場への投資額は100億ドル(1兆1000億円)を超えています。また、Googleのサーゲイ・ブリン氏やマクドナルドのドン・トンプソン氏、長江実業グループに李嘉誠氏は「植物肉が最も有望なテクノロジー」と明言しており、マイクロソフトやネスレなどは既に多額の投資を開始しています。

米国を中心に、現在は中東のシリコンバレーともいわれるイスラエルのスタートアップなどに世界中からこの分野への投資が集まってるそうですよ。

ミートテック関連銘柄・スイング注目株

  • 【2607】富士精油グループ
  • 【4062】イビデン
  • 【3182】オイシックス・ラ・大地

大豆などで肉を模した食品の歴史が長い日本でも、新たなブームが起きつつあるようです。【2607】富士精油グループは日本でシェア5割を占めています。油を抜いた脱脂大豆を粉状にして、専用機械で熱と圧力を加える事で、繊維上の組織を作ります。鶏肉、豚肉によって食感を変える事で様々な代替肉として再現。

また【4062】イビデンは約4億円を投じて専用設備を導入し、18年までに大豆ミートの成型加工ラインを立ち上げて、この事業へ異業種から参入。カップ麺などに使われる材料を年間500トン製造する計画です。

【3182】オイシックス・ラ・大地はフードテック関連への投資・提携を行う専門の投資部門を立ち上げる事を発表しています。またECプラットフォームを活用した支援や実証実験を行う計画との事。

植物肉は食料難を救う存在に

世界の食肉需要は地球上の人口増加と共に拡大しています。2022年には現在の7割増と急拡大する事も試算されており、家畜を育てる為の飼育不足も懸念されていますし、本当に食料難の時代は目の前に迫っていると考えた方が良いのかもしれません。植物肉は菜食主義者だけの嗜好品ではなく、今後は人類の食料難を救う存在となる事でしょう。

地球上の生態系は「弱肉強食」で成り立って来ましたが、人間には「知性」があります。少し哲学的な話にはなりますが、人間はいよいよこの生態系を離れて「生態系を見守る存在」へと向かう段階に来たのかもしれませんね。

テーマ株スイング攻略で大幅プラス収支を目指したい

2019年に本気でテンバガー級の急騰株を狙える!!詳細はコチラ≫

やはり近年の株式相場は「テーマ株攻略」が最も優位に立ち回れる方法なのかもしれません。この流れは今後も続いて行く事が予想されます。

そこで注目したいのが「テーマ株に強い」投資顧問サイトの情報を活用する事

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

2019年は世界的な景気減速から株式市場も厳しい地合いが続く事が予想されます。そんな時に個人投資家の情報力だけでは、戦場を裸で歩くようなモノ。たまには専門家の意見も取り入れるべきでしょう。

「2019年テンバガー級の急騰銘柄を狙いたい」「年間収支で大幅プラス収支を達成したい」とお考えの方は、下記「投資顧問サイト」の無料情報だけでも試してみては如何でしょう。万全の準備を整えて2019年の株式市場に臨みたいところです。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事