「働き方改革」深刻な人手不足を改善する物流の新技術

「働き方改革」深刻な人手不足を改善する物流の新技術

「働き方改革」深刻な人手不足を改善する物流の新技術

2019年株式投資で失敗したくない方は必見!!詳細はコチラ≫

2019年4月1日に働き方改革関連法が施行されました。内容の柱としては時間外労働の上限規制(中小企業は2020年4月から)、年次有給休暇の確実な取得、正社員と非正規社員との不合理な待遇差禁止(2020年4月から)など。

もし企業側がこれに違反した場合は罰金が科されるなどの厳格なルールが出来た事で、人手不足が顕著な物流業界や介護業界などで待遇の改善がなされる事になりそうです。それに反して、従業員の休日が増えれば、それをカバーする為に更に従業員が必要になります。少子高齢化が進む日本では、中長期的には労働人口の減少は避けられないでしょう。業務の効率化・省力化への投資は今後一段と加速して行く事が予想されます。

特に今回は人手不足が日常的に起きている物流業界に目を向けてみたいと思います。トラックドライバーなどの人手不足問題が常に社会問題化している印象をお持ちの方も多いと思います。日本の物流は過酷な労働条件の元、ギリギリの状態で保っていると言っても過言ではないかもしれませんね。

特に近年は通信販売の需要増やフリマアプリの需要拡大で、物流業界は更に過酷な労働条件に。トラックドライバーや仕分け作業員が十分に確保出来ない現場は疲弊し、現状のサービス水準を維持するのが難しい状況と言われています。

国土交通省主導のダブル連結トラック関連銘柄

運輸業界の深刻な人手不足への対策として、国土交通省が進めているのが「ダブル連結トラック」。1台で大型トラック約2台分の輸送を実現するもので、2019年3月下旬から【6178】日本郵政傘下の日本郵便を始め、【9064】ヤマトHD【9062】日本通運【9076】セイノーHD傘下の西濃運輸による共同運行がスタートしています。他にもヤマトと実証実験を行っている【9075】福山通運もチェックしておきたいところ。この「ダブル連結トラック」は人手不足問題を大きく解決出来る効果に期待が集まっているそうですよ。

経済産業省主導の後続車無人システム関連銘柄

また経済産業省は自動走行システムの社会実装に向けた実証研究を【8015】豊田通商などと推進。この一環として、2019年1月下旬から2月末に掛けて新東名高速道路で、国内初の「後続車無人システム」のトラック隊列走行の行動実証を行っています。

この実証実験は最大3台のトラックが時速70キロで車間距離10mの車列を組んで走行するもので、先頭車両のみ運転者が操作します。この公道実証に参加したのが【1954】日本工営【7205】日野自動車【7202】いすゞ自動車など。早ければ2022年の商用化を目指す計画となります。

自動配送ロボット関連銘柄にも注目

物流センターから物流センターへの運輸は「ダブル連結トラック」や「後続車無人システム」などの研究・実証実験が進んでいますが、配送拠点から消費者へ商品を届けるまでの区間「ラストワンマイル」での効率化としては、自動配送ロボットやドローン技術への関心も高まっています。

この分野ではモバイルゲームなどを展開する【2432】DENAがヤマト運輸と自動運転車両を使った配送実験を行っています。また【4667】アイサンテクノロジーが技術協力して日本郵便と自動運転車による郵便物の輸送実験を行ったそうですよ。

テーマ株スイング攻略で大幅プラス収支を目指したい

2019年に本気でテンバガー級の急騰株を狙える!!詳細はコチラ≫

やはり近年の株式相場は「テーマ株攻略」が最も優位に立ち回れる方法なのかもしれません。この流れは今後も続いて行く事が予想されます。

そこで注目したいのが「テーマ株に強い」投資顧問サイトの情報を活用する事

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

2019年は世界的な景気減速から株式市場も厳しい地合いが続く事が予想されます。そんな時に個人投資家の情報力だけでは、戦場を裸で歩くようなモノ。たまには専門家の意見も取り入れるべきでしょう。

「2019年テンバガー級の急騰銘柄を狙いたい」「年間収支で大幅プラス収支を達成したい」とお考えの方は、下記「投資顧問サイト」の無料情報だけでも試してみては如何でしょう。万全の準備を整えて2019年の株式市場に臨みたいところです。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事