【特集】新元号「令和」関連銘柄まとめ・スイング注目株

【特集】新元号「令和」関連銘柄まとめ・スイング注目株

新元号「令和」関連銘柄まとめ

2019年株式投資で失敗してしまった方は必見!!詳細はコチラ≫

新元号「令和」が発表された事で、日本各地で新元号「令和」への熱烈フィーバーが拡大しています。安部首相は新元号「令和」について談話を発表し、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ意味が込められている」と話しています。

新元号「令和」の出展は日本古典「万葉集」

西暦645年の「大化」から現在の「平成」まで247の元号のうち、確認出来るものは全て中国の古典が出典元でしたが、今回の「令和」は初めて日本の古典から採用される事となりました。

採用されたのは「万葉集」。

万葉集は、7世紀後半から8世紀後半にかけて作られた日本に現存する最古の和歌集です。天皇、貴族や下級官人、防人など様々な身分の人々が詠んだ歌を4500首以上も集めたもので、成立は759年以後とみられています。

日本文学における第一級の史料で、方言による歌もいくつか収録されており、その中には詠み人の出身地も記されている事から、方言学の史料としても重要な史料となっています。

新元号「令和(れいわ)」は、この万葉集の巻五、梅花(うめのはな)の歌三十二首の序文を典拠としています。

これを受けて、ネット通販では「万葉集」の関連書籍が相次いで売り切れとなっており、緊急重版を決定した出版社もあるようです。正に令和関連銘株として、書籍関連銘柄に物色人気が集まりそうですね。

令和関連銘柄・万葉集関連

  • 【9468】カドカワ
  • 【9978】文教堂HD

安部首相は「万葉集は1200年前から日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけではなく防人や農民など幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、我が国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書」と発言しており、この機会に万葉集に触れてみようという人が多いかもしれないですね。少なくとも皇室ファンの方は欲しいと思われる方も多いでしょうし、万葉集関連書籍は今年の大ヒット書籍になる可能性も有りそうです。

【9978】文教堂HDは書店を展開しており、万葉集売上増の期待から思惑買いが集まってますね。また【9468】カドカワは『万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』及び『万葉集 一 現代語訳付』の緊急重版をすると発表しています。

令和関連銘柄・印刷関連

新元号関連株として兼ねてより注目を集めていたのが印刷関連の銘柄です。改元に伴い、様々な書類で更新需要が見込めますので、印刷関連銘柄には注目しておきたいですね。

  • 【7911】凸版印刷
  • 【7912】大日本印刷
  • 【7913】図書印刷
  • 【7914】共同印刷
  • 【7916】光村印刷
  • 【7919】野崎印刷紙業

令和関連銘柄・ソフトウェア関連

IT・ソフトウェア関連銘柄にも「令和」改元に伴う需要が見込めそうです。請求書の印字など情報処理や発送作業の受託などを手掛ける【7851】カワセコンピューターサプライなど物色人気が高まっています。他にも業務組み込みソフトやシステム構築を行う企業などを中心に注目が集まりそうですね。

  • 【2317】システナ
  • 【3626】TIS
  • 【4722】フューチャー
  • 【4733】OBC
  • 【7851】カワセCS

令和関連銘柄・ブライダル関連など

新元号「令和」元年に結婚式を挙げたいと考えるカップルも相当数居る事でしょう。特に令和元年は2019年5月~12月迄の実質8カ月しかありません。厚生労働省の発表によると、93年皇太子様はご成婚や05年の紀宮さまご成婚といった年の前後には前年に比べて婚姻件数が増加している統計も出ています。日本人はとにかく「あやかり婚」が好きですよね。

また結婚式や披露宴は数百万円単位の費用が掛かる事が多いので、消費税増税を2019年10月に控え、駆け込み需要も増加する可能性が高そうですよね。

また記念イベントを手掛ける企業やディスプレー関連の企業など、様々な分野に恩恵がありそうです。

  • 【2198】アイ・ケイ・ケイ
  • 【2433】博報堂DY
  • 【4331】テイクアンドギヴ・ニーズ
  • 【4696】ワタベウェディング
  • 【6071】IBJ
  • 【9716】乃村工芸社
  • 【9743】丹青社

令和関連銘柄・旅行関連

「令和元年」に記念旅行をしたいといった記念特需は「旅行関連株」にも波及しそうな勢いです。2019年はゴールデンウィーク10連休に加えて、ラグビーW杯の開催。また4月1日に施行された「働き方改革関連法案」で有給休暇の義務化が決定した事で、旅行に関連した企業にとっては大きな追い風となりそうです。

  • 【2222】寿スピリッツ
  • 【3926】オープンドア
  • 【6030】アドベンチャー
  • 【6548】旅工房
  • 【6577】ベストワンドットコム
  • 【7048】ベルトラ
  • 【8225】タカチホ
  • 【9603】HIS

「平成」から「令和」の時代へ

新元号が「令和」と発表された事を受けて、日本中が祝賀ムードに包まれています。これまでのような天皇陛下の崩御からの改元ではなく、天皇陛下が生前退位の意向を示された事で、「令和」の改元は祝賀ムードに包まれているのではないでしょうか。

思えば「平成」は直接戦争こそは無かったものの、災害が多かったように思います。また経済的にも失われた20年を経て、閉塞的な時代だったように感じますよね。「令和」の時代では希望が持てるような時代になって欲しいですよね。そうなるような気がしますよ。

※「令和」豆知識「他の候補」

新元号「令和」以外の候補として、「英弘(えいこう)」「久化(きゅうか)」「広至(こうし)」「万和(ばんな)」「万保(ばんぽう)」の5案も候補にしていた事が判明しています。

※「令和」豆知識「硬貨の発行」

令和元年の硬貨が流通し始めるのは今夏以降となる予定で、独立行政法人造幣局によると、硬貨に文字や図柄を刻む金型の製作に2カ月半程度かかるとの事。まず500円と100円の発行から優先し、10月頃に硬貨6種類が出揃う見込みです。つまり、「令和元年」の硬貨に関しては5円や50円など、発行枚数が少ない硬貨が「レア」な扱いとなりそうですよ。

テーマ株スイング攻略で大幅プラス収支を目指したい

2019年に本気でテンバガー級の急騰株を狙える!!詳細はコチラ≫

やはり近年の株式相場は「テーマ株攻略」が最も優位に立ち回れる方法なのかもしれません。この流れは今後も続いて行く事が予想されます。

そこで注目したいのが「テーマ株に強い」投資顧問サイトの情報を活用する事

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

2019年は世界的な景気減速から株式市場も厳しい地合いが続く事が予想されます。そんな時に個人投資家の情報力だけでは、戦場を裸で歩くようなモノ。たまには専門家の意見も取り入れるべきでしょう。

「2019年テンバガー級の急騰銘柄を狙いたい」「年間収支で大幅プラス収支を達成したい」とお考えの方は、下記「投資顧問サイト」の無料情報だけでも試してみては如何でしょう。万全の準備を整えて2019年の株式市場に臨みたいところです。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事