日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ・がん治療薬「G47Δ」関連銘柄

日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ・がん治療薬「G47Δ」関連銘柄

日本初のがん治療ウイルス薬の製造販売承認申請へ

第11回日米癌合同会議(ハワイ時間2019年2月12日)で興味深い発表がありました。

東京大学医科学研究所付属病院 脳腫瘍外科 藤堂具紀教授らの研究グループが、単純ヘルペスウイルス1型(口唇ヘルペスのウィルス)に人工的に3つのウイルス遺伝子を改変した第三世代のがん治療用ヘルペスウイルス「G47Δ(ジーよんじゅうななデルタ)」を用いた医師主導治験において、中間解析の結果、悪性脳腫瘍患者へ高い治療効果がある事を確認したそうです。

しかも今回の治験では、「G47Δ」投与後に16名中2名が発熱の副作用があっただけで、安全性の高い治療である事が示されたそうです。

これまで「G47Δ」の開発は、発明から医師主導治験に至るまで、世界に先駆けて日本の研究者だけで進められていましたが、今回の治験結果で高い有効性が確認された事を受けて、悪性神経膠腫(悪性脳腫瘍の種類)を適応症とした製造販売承認申請を行うそうですよ。これは期待ですね。

がんのウイルス療法とは

がんのウイルス療法とは、がんの細胞のみで増える事が出来るウイルスを感染させ、ウイルスが直接がん細胞を破壊する治療法の事です。増殖したウイルスはさらに周囲に散らばり再びがん細胞に感染し、次々にがん細胞を破壊していくとの事。

世界初の第三世代がん治療用ウイルス「G47Δ」とは

2019年こそは本気でテンバガー級の急騰株を狙いたい方はコチラ≫

「G47Δ」とは、口唇に水泡が出来る口唇ヘルペスの原因ウイルスとして知られている単純ヘルペスウイルス1型の3つのウイルス遺伝子を改変する事で、東大藤堂教授らが作成した世界初の第三世代がん治療用遺伝子組み換えヘルペスウイルスです。

元々、単純ヘルペスウイルス1型はがん治療に有利な特長を備えています。

ヘルペスウイルス1型の特長

  • ヒトのあらゆる種類の細胞に感染出来る
  • 細胞を殺す力が比較的強い
  • 抗ウイルス薬が存在する為、治療を中断出来る
  • 患者がウイルスに対する抗体を持っていても治療効果に弱化が見られない
  • がんの根治を阻むがん幹細胞も効率よく破壊する事が出来る

日本人の2人に1人ががんに罹り、3人に1人ががんで死亡すると言われていますが、がんを倒す事が出来るのが、まさかヘルペスウイルスだとは、想像も出来ませんでしたよね。

今回の医師主導治験により、ウイルス療法薬としては日本で初めて「G47Δ」の治療効果が確認されたそうです。尚、単純ヘルペスウイルス1型を用いたウイルス療法が悪性脳腫瘍で治療効果を示すことが臨床試験で確認されたのは、今回が世界で初めてとの事。

夢のような話ではありますが、人類ががんを克服する事出来る未来は、もうすぐそこまで迫って来ているのかもしれません。

「G47Δ」の今後の展開

今回の治験結果を基に、今回は「悪性神経膠腫」を適応症として「G47Δ」の製造販売承認申請を行うそうですが、「G47Δ」はあらゆる固形がんに有効である事が動物実験で示されているそうです。なので、将来的には全ての固形がんに適応を広げることを目指すとの事。2013年から、前立腺癌と嗅神経芽細胞腫を対象とした臨床試験を実施しているそうですが、男性の罹患数が多い前立腺癌への効果が気になりますね。

がん治療薬「G47Δ」の製造販売を行う関連銘柄

「G47Δ」の製造販売承認申請の準備を行っており、申請時期は3ヶ月から4ヶ月後を見込んでいるそうです。尚製造販売承認申請は、【4568】第一三共が行い、「G47Δ」製品製造は【4061】デンカの完全子会社であるデンカ生研株式会社が行うそうです。

がん治療薬G47Δ関連銘柄【4568】第一三共

時価総額:2,633,268百万円
2月15日時点株価:3,390円
年初来高値:4,700円(18/10/03)
年初来安値:2,805円(18/12/25)

がん治療薬G47Δ関連銘柄【4061】デンカ

時価総額:300,204百万円
2月15日時点株価:3,714円
年初来高値:5,032円(19/10/03)
年初来安値:2,994円(18/01/04)

将来的に様々ながん治療に「G47Δ」が使われるとしたら、その将来性はとんでもなく大きいですよね。

治験は東京大学が、生産はデンカ生研が、販売が第一三共が行う事になるとすれば、この2銘柄には注目しておいた方が良いでしょう。勿論これは株価だけの話ではなく、人類の夢である「がん克服」の為に、大きく期待したいと思います。

日本医療研究開発機構のプレスリリース≫

2019年はテーマ株スイングトレードで大幅プラス収支を目指したい

2019年こそは本気でテンバガー級の急騰株を狙いたい方はコチラ≫

やはり近年の株式相場は「テーマ株攻略」が最も優位に立ち回れる方法なのかもしれません。この流れは今後も続いて行く事が予想されます。

そこで注目したいのが「テーマ株に強い」投資顧問サイトの情報を活用する事

読者の皆様は「投資顧問サイト」を利用された事がありますか?最近は本当に使えるサイトが増えたんですよ。

2019年は世界的な景気減速から株式市場も厳しい地合いが続く事が予想されます。そんな時に個人投資家の情報力だけでは、戦場を裸で歩くようなモノ。たまには専門家の意見も取り入れるべきでしょう。

「2019年テンバガー級の急騰銘柄を狙いたい」「年間収支で大幅プラス収支を達成したい」とお考えの方は、下記「投資顧問サイト」の無料情報だけでも試してみては如何でしょう。万全の準備を整えて2019年の株式市場に臨みたいところです。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には【株価9倍】ALBERTを推奨した《ファーストリッチ投資顧問》や、情報収集ツールとして私も日々使用している《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、2019年は相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《ファーストリッチ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事