先物買いが狙える国策事業!!マイス(MICE)関連銘柄・スイング注目株

先物買いが狙える国策事業!!マイス(MICE)関連銘柄・スイング注目株

マイス(MICE)をご存知ですか?マイスとは

また新しい言葉が出て来たな、とゲンナリされた方も多いかもしれません。あまり世間に浸透していない言葉ですが、マイスとは下記の頭文字をとったものとなります。

  • Meeting:企業会議、大会研修会
  • Incentive:報奨・研修旅行
  • Convention:学会などの国際会議
  • Exhibition/Event:国際見本市、展示会

集客が多く見込める事から、地域活性化やビジネス・イノベーション機会として大きな注目を集めています。また、更なるインバウンド需要拡大にも繋がるとして期待の集まる「イベント」の総称となります。

マイス(MICE)は政府も積極推進する国策事業

この「マイス(MICE)」は政府も積極推進しており、関連銘柄を巡る動きも今後活発化する可能性が高そうですね。

観光庁の発表によると、2017年に世界全体における国際会議開催件数は1万2000件以上、そのうち日本で開催された国際会議件数は414件で世界7位となっています。2013年の閣議決定では「2030年までにアジアナンバーワンの国際会議開国として不動の地位を築く」と目標に掲げられており、政府推進の政策の一つとなっています。

東京都も「マイス(MICE)」誘致推進に注力しており、旧築地市場再開発素案「築地まちづくり方針」を発表しており、「国際会議場」の機能を中核とした構想を強めています。小池都知事が掲げた「食のテーマパーク」はどうなった?と思われた方も多いと思いますが、こちらの方がより実用的という事でしょうか。

また、統合型(IR)リゾートにおいても国際会議場や展示場などの「マイス(MICE)」施設設置も併せて推進されているようです。

マイス(MICE)の経済効果は1兆590億円も

観光庁の資料に拠ると、2016年度のマイス(MICE)全体の総消費額は5384億円、経済波及効果は約1兆590億円と推計されています。内訳としては以下の通りです。

  • 企業会議:約1614億円
  • 報奨・研修旅行:約569億円
  • 国際会議:約6789億円
  • 展示会:約1618億円

この中でも、やはり「国際会議」に占める経済波及効果は大きく、前年比で15%も増加しているそうです。国際会議の経済効果は思った以上に大きそうですね。

マイス(MICE)関連株の中で注目のテーマは通訳・翻訳

2019年こそは本気でテンバガー級の急騰株を狙いたい方はコチラ≫

国際会議では多くの言語が飛び交う事になる為、同時通訳は必須となります。また国際会議では学術会議の開催が多い為、専門用語翻訳の重要性も高まるでしょう。同時通訳と専門用語通訳は国際会議では重要で、この二つを担う関連銘柄はそれほど多くはありません。

そこで今回はマイス(MICE)に関連した翻訳関連銘柄をピックアップしたいと思います。

スイング注目株【マイス(MICE)関連銘柄】【翻訳関連銘柄】

【2483】翻訳センター

同時通訳技術と医薬・工業・金融・法務など幅広い専門分野で翻訳事業を展開

【6182】ロゼッタ

自動翻訳システム「T-400」で医薬・化学・機械・IT・法務・金融など専門分野の翻訳にも強み

【4344】ソースネクスト

74言語対応のAI搭載通訳機「ポケトーク」を展開

その他・先回りしておきたいマイス(MICE)関連株など

翻訳の他にも、多くの国際会議を誘致する為には、国際会議場の建設も重要となります。国際会議場は地域活性化の中核を政府推進の元進める為に、周辺設備や整備、また建設セクターまで幅広い分野の関連株が恩恵を受ける事になりそうです。

また近年ではバーチャル展示場といった近未来的な技術を駆使したものが人気です。多くの誘致を勝ち取る為には、こういった技術を駆使した国際会議場が求められる可能性がありそうです。【2148】アイメディアなど、バーチャル展示場を展開する企業にも注目が集まりそうですね。

マイス(MICE)という言葉は現時点ではそれ程浸透していませんが、敏感な株式市場では早くも認知され始めている分野です。経済波及効果を加味しても決して無視出来ない分野と考えられるでしょう。先回りしておくのも面白いかもしれませんね。

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事