先物買いが狙える国策事業!!マイス(MICE)関連銘柄・スイング注目株

先物買いが狙える国策事業!!マイス(MICE)関連銘柄・スイング注目株

マイス(MICE)をご存知ですか?マイスとは

また新しい言葉が出て来たな、とゲンナリされた方も多いかもしれません。あまり世間に浸透していない言葉ですが、マイスとは下記の頭文字をとったものとなります。

  • Meeting:企業会議、大会研修会
  • Incentive:報奨・研修旅行
  • Convention:学会などの国際会議
  • Exhibition/Event:国際見本市、展示会

集客が多く見込める事から、地域活性化やビジネス・イノベーション機会として大きな注目を集めています。また、更なるインバウンド需要拡大にも繋がるとして期待の集まる「イベント」の総称となります。

マイス(MICE)は政府も積極推進する国策事業

この「マイス(MICE)」は政府も積極推進しており、関連銘柄を巡る動きも今後活発化する可能性が高そうですね。

観光庁の発表によると、2017年に世界全体における国際会議開催件数は1万2000件以上、そのうち日本で開催された国際会議件数は414件で世界7位となっています。2013年の閣議決定では「2030年までにアジアナンバーワンの国際会議開国として不動の地位を築く」と目標に掲げられており、政府推進の政策の一つとなっています。

東京都も「マイス(MICE)」誘致推進に注力しており、旧築地市場再開発素案「築地まちづくり方針」を発表しており、「国際会議場」の機能を中核とした構想を強めています。小池都知事が掲げた「食のテーマパーク」はどうなった?と思われた方も多いと思いますが、こちらの方がより実用的という事でしょうか。

また、統合型(IR)リゾートにおいても国際会議場や展示場などの「マイス(MICE)」施設設置も併せて推進されているようです。

マイス(MICE)の経済効果は1兆590億円も

観光庁の資料に拠ると、2016年度のマイス(MICE)全体の総消費額は5384億円、経済波及効果は約1兆590億円と推計されています。内訳としては以下の通りです。

  • 企業会議:約1614億円
  • 報奨・研修旅行:約569億円
  • 国際会議:約6789億円
  • 展示会:約1618億円

この中でも、やはり「国際会議」に占める経済波及効果は大きく、前年比で15%も増加しているそうです。国際会議の経済効果は思った以上に大きそうですね。

マイス(MICE)関連株の中で注目のテーマは通訳・翻訳

2019年こそは本気でテンバガー級の急騰株を狙いたい方はコチラ≫

国際会議では多くの言語が飛び交う事になる為、同時通訳は必須となります。また国際会議では学術会議の開催が多い為、専門用語翻訳の重要性も高まるでしょう。同時通訳と専門用語通訳は国際会議では重要で、この二つを担う関連銘柄はそれほど多くはありません。

そこで今回はマイス(MICE)に関連した翻訳関連銘柄をピックアップしたいと思います。

スイング注目株【マイス(MICE)関連銘柄】【翻訳関連銘柄】

【2483】翻訳センター

同時通訳技術と医薬・工業・金融・法務など幅広い専門分野で翻訳事業を展開

【6182】ロゼッタ

自動翻訳システム「T-400」で医薬・化学・機械・IT・法務・金融など専門分野の翻訳にも強み

【4344】ソースネクスト

74言語対応のAI搭載通訳機「ポケトーク」を展開

その他・先回りしておきたいマイス(MICE)関連株など

翻訳の他にも、多くの国際会議を誘致する為には、国際会議場の建設も重要となります。国際会議場は地域活性化の中核を政府推進の元進める為に、周辺設備や整備、また建設セクターまで幅広い分野の関連株が恩恵を受ける事になりそうです。

また近年ではバーチャル展示場といった近未来的な技術を駆使したものが人気です。多くの誘致を勝ち取る為には、こういった技術を駆使した国際会議場が求められる可能性がありそうです。【2148】アイメディアなど、バーチャル展示場を展開する企業にも注目が集まりそうですね。

マイス(MICE)という言葉は現時点ではそれ程浸透していませんが、敏感な株式市場では早くも認知され始めている分野です。経済波及効果を加味しても決して無視出来ない分野と考えられるでしょう。先回りしておくのも面白いかもしれませんね。

2019年本当に頼りになる株サイトを見つけておくべき

読者の皆様は2019年相場の収支は如何でしょうか。
まだ上手く立ち回れていないとお感じの方に、今回は耳寄りな情報を共有したいと思います。

以前、このサイトでも2018年12月に新規オープンした《アレス投資顧問》を紹介したのですが、覚えていらっしゃる方も多いと思います。

ここは、【アレス飛翔銘柄】という有力な情報を無料で公開してくれてるのですが、これが新年早々の1月7日にストップ高まで急騰。それだけでも驚いたのですが、更に第二弾の【アレス飛翔銘柄】も既に推奨時から一時20%近い上昇を見せるなど、とにかく先読み力が凄いんですよ。

これは現在も公開中の無料情報なので、気になる方は是非サイトの方で確認してみて下さい。

また《アレス投資顧問》では【アレス飛翔銘柄】の他にも、短期・中期スタンスでの上昇が期待出来る銘柄を毎日紹介してくれる「アレス厳選注目銘柄」の無料コンテンツがあるのですが、そこで推奨された銘柄もとにかく凄いんです。

下記はその推移の一部ですが、ご覧の騰落率、ここは本当に凄腕の株サイトかもしれませんよ。

アレス投資顧問が無料で紹介している銘柄推移

【3565】アセンテック
公開日2018/12/26:3,080円
高値日2019/1/23:4,260円
【最高騰落率+38.31%】
【6656】インスペック
公開日2018/12/18:1,080円
高値日2019/1/21:1,448円
【最高騰落率+34.07%】
【4783】日本コンピュータ・ダイナミクス
公開日2018/12/21:947円
高値日2019/1/9:1,448円
【最高騰落率+29.88%】
【9698】クレオ
公開日2019/1/4:1,016円
高値日2019/1/18:1,318円
【最高騰落率+29.72%】
【3907】シリコンスタジオ
公開日2018/12/19:1,196円
高値日2019/1/18:1,510円
【最高騰落率+26.25%】

※本実績は、「アレスの厳選注目銘柄」で紹介した銘柄の紹介後の動向を騰落率順に示したものです。

創立したばかりの投資顧問サイトは、新規顧客を掴む為に「無料でも超有力な情報を卸してくれるケースが多い」傾向にあるのですが、それにしてもこの短期間でこれだけの急騰銘柄を推奨していた実例は凄いですよね。本当に情報力が無ければ出来ない芸当だと思います。

勿論、全部が全部上記のような高値時に売れた訳ではないと思いますが、それでもこの推移を見れば、適当な所で利確していくだけでも相当な利益を獲得された方も多かったのではないでしょうか。《アレス投資顧問》を利用していた方は相当優位に立ちまわれたと思いますよ。

2019年こそは安定したプラス収支を実現したいとお考えの方は、今の内に「本当に頼りになる株サイトを見つけておく」事を推奨します。これ本当に大事なので。

特に《アレス投資顧問》は1カ月間の推奨銘柄の推移を見る限り、相当な情報力・分析力があると個人的に実感しています。頼れる株サイトの筆頭候補なのではないでしょうか。

今年はまだ始まったばかり。
乗り遅れない為にも、早めに《アレス投資顧問》はチェックしておきたいですね。

↓↓↓

勿論、《アレス投資顧問》は財務局の登録を受けた株サイトなので安心して利用出来ますよ。

▼【簡単利用方法】

必要なのはメールアドレス一つだけ。パソコンのメールでもスマホでも携帯でもどのアドレス使っても大丈夫です。

  1. 無料のメールマガジン登録をする
  2. すぐに「アレスの飛翔銘柄」を無料で受け取れます
  3. 後はメルマガで定期的に無料情報を配信してくれる

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事