牙城崩れた米アップル社の次なる一手は「ヘルスケア関連」か?

牙城崩れた米アップル社の次なる一手は「ヘルスケア関連」か?

米アップル社がiPhone3機種生産を10%下方修正

米アップル社が2018年秋に発売した新型3機種の「iPhone」における生産台数を下方修正する事が一部メディアの報道で判明しました。19年1月~3月の生産量を当初計画から10%程度減らす見通しで、部品などを担う各メーカーにその旨を通達したそうです。これにより、iPhone関連として注目される銘柄に注意が必要となりそうです。

2018年秋に発売した有機ELパネルを搭載した高級機種「XS」「XS Max(マックス)」と、液晶パネルを搭載した「XR」の新型3機種が全て対象となっていて、下方修正の幅は機種生産により幅はあるものの、平均して約10%となる見込みとの事。旧式も含めたiPhoneの生産量は1~3月に4700万台以上を見込まれていましたが、4000万台強程度に留まるのではないかと予想されています。

崩れる牙城、米アップル社は時価総額を大幅に減らす

2019年1月7日の米株式市場ではアマゾンが時価総額7968億ドルに達し、世界首位となった事が大きく報じられました。対してアップルは、昨年9月に時価総額1兆ドルを達成したものの、現在は約7020億ドルと4位に沈んでいる状況です。

米中貿易戦争で世界経済の不透明感が強まった事で、中国市場の消費意欲に低下が見られる事や、スマホ市場自体が既に頭打ちという部分も気になるところですが、アップルの次の一手に注目が集まっています。

2019年、米アップル社は「ヘルスケア関連」の新計画スタートか?!

米アップル社のティム・クック最高経営責任者(CEO)は2019年に新たなサービスをスタートさせる計画がある事を明らかにしていて、それが「ヘルスケア関連」である事を発言しています。

確かに近年のアップルは、Apple Watchの心電図機能など、ヘルスケア部門に力を入れていますが、2019年にスタートさせる新計画は更に画期的なアイデアが盛り込まれているのでしょうか。ヘルスケア関連がアップル社逆転の一手になるのかについては、少し半信半疑ですが、いずれにしろアップル社が新計画として「ヘルスケア」を全面に推し出すような事となれば、日本の株式市場でも「ヘルスケア関連株」への注目度が高まるかもしれません。

スイング注目株・ヘルスケア関連【7807】幸和製作所

時価総額:3,009百万円
年初来高値 5,200円(18/01/25)
年初来安値 599円(18/12/25)

【7807】幸和製作所はヘルスケア関連銘柄の中でも、時価総額が小さく値動きが軽い点でも注目が集まります。また年初来高値やチャートを見ても、現在は相当な割安圏にある為、ヘルスケア関連株への注目が高まれば短期資金流入が見込めそうな点でも魅力的です。

米アップル社の次の一手には、世界中の投資家の注目が集まります。思わぬ「大化け候補」のテーマとなるかもしれませんし、他にも関連株をチェックしておきたいですね。

2018年テンバガー達成銘柄と2019年テンバガー候補株への傾向と対策

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事