スイング注目株・第二のエクストリーム候補か?!中国市場への配信へ向けてバンク・オブ・イノベーションが急騰開始!!

スイング注目株・第二のエクストリーム候補か?!中国市場への配信へ向けてバンク・オブ・イノベーションが急騰開始!!

第二のエクストリーム候補か?!中国市場への配信へ向けてバンク・オブ・イノベーションが急騰開始!!

幻獣画像

スイング注目株・スマホゲーム関連銘柄 【4393】バンク・オブ・イノベーション

バンク・オブ・イノベーション

時価総額:8,213百万円
年初来高値:2,465円(18/07/25)
年初来安値:1,362円(18/10/30)

バンク・オブ・イノベーションへの買いが集中しているようです。

同社は18年9月期の営業利益を前期比207.8%増と発表、好決算となったのはスマホゲーム「ミトラスフィア」の1周年記念イベントが好評だったのと、「幻獣契約クリプトラクト」の広告宣伝費の効率化などが大きく寄与した為。

ですがバンク・オブ・イノベーションへの注目度が増している理由は、実は好決算だっただけではなく、他にも大きく期待を集める内容があったからこそ。

同社は両ゲームの中国本土での配信を前提とした独占ライセンス契約で中国国営企業(上海東方明珠文化発展有限公司)と合意した事を発表。つまり同社が手掛ける2つのスマホゲームIPは中国本土での配信がほほ決定的な状況との事。中国は最近、スマホゲームの規制への動きが出ていましたので、中国の国営企業と独占ライセンス契約で合意しているのは相当な強みになりそうです。これは相当大きな刺激材料なのではないでしょうか。

というのも、2018年夏に【6033】エクストリームという銘柄は、同社が保有するIP「ラングリッサー」を中国で配信した事で一気に株価が9倍近くまで急騰しました。記憶に新しい方も多いと思います。それと同じスマホゲームの分野で、同じく中国市場への配信を前提としたライセンス契約を結んだ訳ですから、バンク・オブ・イノベーションは第二のエクストリーム候補として大きな注目を集めそうです。

また他にも【3723】日本ファルコムは新作スマホゲーム「イース アルタゴの五大竜」を台湾・香港・マカオでの配信決定を発表、こちらも動意付いています。

スイング注目株・スマホゲーム関連銘柄 【3723】日本ファルコム

日本ファルコム

時価総額:11,226百万円
年初来高値:1,735円(18/08/15)
年初来安値:790円(18/02/06)

もし台湾・香港・マカオで大成功を収めるようなら、中国本土での配信へ向けた動きが活発化する可能性もあるかもしれません。こちらも注目ですね。

スマホゲーム関連銘柄はスイングトレード向き

2018年8月に急騰した【6033】エクストリームと同じスマホゲーム関連銘柄は、材料があれば大きく動き易い傾向にあります。恐らくゲーム関連銘柄へ投資をする多くの個人投資家の年齢増が若い事、そして「マネーゲーム感覚」で投資をする層が多いからと予想出来ます。逆に言えば、好材料があれば必要以上に過熱もするし、必要以上に暴落もし易い、少し波の荒いテーマ株と言えるかもしれません。

数日間から数週間に渡って、大きく株価が上昇・下落する傾向の高い銘柄が多いので、スイング株の銘柄としては面白い存在でもあります。特に2018年夏に急騰した【6033】エクストリームのインパクトが強かった分、【4393】バンク・オブ・イノベーション【3723】日本ファルコムなどへの注目度は高まる可能性が高そうです。チェックしておく事を推奨します。

ブログランキングに参加しています。 参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

注目株カテゴリの最新記事