スイングトレード

特集
株式投資のスイングトレードは
どうやるのが正解なのか?

swingtrade

スイングトレードの秘密を探る

当サイトに訪れた方が一番知りたいのは、「結局、スイングトレードで株式投資は勝てるの?どうやるの?」といったシンプルな疑問だと思います。

そこで、このページでは、スイングトレードのやり方や、スイングトレードに適した銘柄の選び方、また、テクニカル分析を用いた具体的なトレード手法など、実践で役立つ、スイングトレードのアプローチ方法についてまとめてみました。

スイングトレードとはなんぞや?

スイングトレードとは
短いサイクルで株を買っては売ってを繰り返すトレード手法

まずはじめに、そもそも「スイングトレード」って何?という人のために、スイングトレードってなんぞや?を簡単に説明します。

スイングトレードとは、ざっくり言うと、短いサイクルで株を買っては売ってを繰り返しながら、年間収益プラスを目指すトレード手法のことを言います。

短いサイクルで売買を繰り返すトレード方法としては「デイトレード」の方が人気がありますが、デイトレードと違う点は、”銘柄を保有する期間”が違うだけで、基本的なアプローチ方法にそれほど違いはありません。デイトレードとスイングトレードは、兄妹みたいなものです。そのため、スイングトレードは、デイトレードとひとくくりに「短期トレード」なんて呼ばれたりもします。

株式投資のスイングトレードとは?について、もっと知りたい方は、下記の記事もどうぞ!

株式投資のスイングトレードとは

株式投資のスイングトレードとは

スイングトレードとは、数日から数週間の相場の波を利用して利益を狙う、短期売買手法のことです。トレード日数は明確に決まっているわけではなく、相場の動きを見ながらポジションの長さを判断していきます。その日のうちに売買を完結させるデイトレードと、数週間から数ヵ月ごとに銘柄を入れ替えながら売買するポジショントレードの中間に位置するトレードが、スイングトレードと呼ばれる運用方法です。

詳しく記事を見る

株式投資の代表的なトレードスタイル

株式投資の代表的なトレードスタイルは以下4種類です。

ここをタップして表示Close
運用スタイル保有期間時間軸人気難易度
デイトレード1日未満5分足~1時間足高い激ムズ
スイングトレード2日~数週間1時間足・4時間足・日足普通まあまあムズイ
ポジショントレード数週間~数ヵ月日足・週足低い普通
長期投資(配当・株主優待目的)数ヵ月以上週足・月足高い簡単

株式投資におけるスイングトレードは、上記の通り、保有期間は2日~数週間、トレード時間軸(よく用いられるローソク足)は、1時間足・4時間足・日足となっています。相場の短期的な需給バランスの変動を捉えて、株を売買するのがスイングトレードです。難易度:まあまあムズイにしましたが、程よくリスクを取る分、ハマった時のリターン率は高いため、どの運用方法を選ぶにしても、知っておいて損はない方法だと思います。

この表には載せていませんが、デイトレードより短い足でトレードする、スキャルピングと呼ばれるトレード手法もあります。スキャルピングトレードは、保有期間わずか数秒~数分という、非常にテクニック・判断力が求められる上級者向けのトレードです。株式の売買に慣れていない株初心者には向かないトレード方法のため、省略させていただきました。

ズバリ、株はスイングトレードで勝てるの?

結局、スイングトレードは勝てるのか?結論を先に知りたい方のためにズバリお答えします。

結論から言えば、株はスイングトレードで「勝てます。」

個人投資家の「9割」は負けていると言われているなかで、さすがに 簡単に勝てます!なんて、無責任なことを言うつもりはありませんが、スイングトレードで「億り人」になった方もいるのは事実でし、私もスイングトレードで、それなりに満足のいくパフォーマンスが出ていますので、えそらごとで勝てると言っている訳ではありません。

では、勝てる人と勝てない人の差は、いったい何でしょうか?

伝説の投資家ウォーレン・バフェットの投資格言に、次のような言葉があります。

スイングトレード

“リスクは、
自分が何をやっているか
よくわからないときに起こる。”

自分に、どれだけ知識があるかどうかで、リスクは大きくも小さくもなるという名言ですが、私はこの格言を、必要な知識を身に付けて、自分の置かれている状況を理解し、自分が選択したことを説明できるならば、どんなトレード方法だって勝つことができる。と解釈しています。

デイトレードにせよ、スイングトレードにせよ、長期投資にせよ、勝てる人は勝てますし、勝てない人は何年掛かっても勝てません。つまり、どんなトレード方法でも、中途半端にやれば失敗してしまいますし、きちんとしたやり方を身に付ければ、どんな方法でも形になります。

もっと言えば、手法は一つに限定しなければならないというルールはありません。一つのトレード方法の理解が深まれば、おのずと他のトレード方法の理解も深まりますので、興味を持った方法から、少しずつ理解を深めていけば良いと思います。

もし、スイングトレードに興味も持たれたのであれば、このサイト(株スイング投資.com)の情報がお役に立てるかもしれません。是非、後で紹介する人気記事だけでも、目を通していただければと思います。

また、記事を書いた際は、Twitterでお知らせしているので、もし宜しければ、フォローお願いします!

そろそろ、お気づきかもしれませんが、このページ、くそ長いです(笑)関連記事まで、一気に読むのはムリだと思うので、寝る前にでも少しずつ読んでみてください。なげーよ!と思った方、このあたりで、ブックマークか、Twitterフォローをオススメします^^;

@KabSwingTrading

私は株式投資を2005年にはじめました。実践経験・投資歴は、そこそこある方だと思いますが、今では、スイングトレードは、勝てるトレード手法だと確信しています。しかし、トレードの難易度は低くはありませんので、浅い知識のまま挑めば、失敗する可能性は高いと思います。

後ほど、具体的な、スイングトレードに適した銘柄の選び方や、私のトレード手法をご紹介しますが、その前に、スイングトレードのメリット・デメリットをご紹介しますので、まずは、自分に出来そうかどうかを今一度、確かめてみてください。

スイングトレードのメリット・デメリット

スイングトレード経験のない方は、どんな特徴があるのか?
また、どんなメリットとデメリットがあるのか?を理解するところから始めましょう。

スイングトレードのメリット

トレード機会が多く、資金効率が良い

数日~数週間程度の、短いスパンの値動きを狙うことが目的のスイングトレードは、企業の業績を重視して銘柄を選ぶ長期投資と違い、どんな相場でも柔軟に対応できるトレード方法です。

例えば、業績が悪化して株価が急落した銘柄であっても、短期的なリバウンドを狙うトレードをしたり、信用取引を用いて、下方修正続きの企業の株を空売りして利益を得ることも、スイングトレードなら出来てしまいます。

このように、どんな相場でも柔軟に対応できるスイングトレードは、トレードチャンスが多く、資金を寝かせている期間が短いため、トレード機会に困らない運用方法という点はメリットだと言えると思います。

忙しい方でも出来る、シンプルなトレード

スイングトレードは、週に数回程度、指値注文するだけのシンプルなトレード方法です。トレードパターンさえ決まってしまえば、時間を取られないため、昼間、仕事をしている方に向いているトレード方法といえます。

ほとんどの方が、昼間、仕事をしていると思いますので、取り組みやすいという点は、メリットのだと言えるんじゃないでしょうか。

トレーダーとしての成長が早い

トレーダー・株式投資家としての成長は、相場経験量に比例します。私が思う経験とは、株式を売買したその瞬間にあると思っています。「習うより慣れろ」という言葉があるように、分からないなりに、どんどんトレードを重ねる時期というものがあっても、経験として無駄にならないと思いました。

そういう意味で、適度に相場に出たり入ったりするスイングトレードは、相場経験を積むために丁度良いと思います。

株式投資のスイングトレードとは

デイトレ・スイング・中長期投資、いろいろ経験して思うこと

楽にトレードすることの大切さ(デイトレードを経験して)── 短期トレードは気を付けないとギャンブルに依存するように、のめり込んでしまう魅惑に富んでいます。株式投資に夢中になって、本業に支障をきたす方もいるでしょう。私は、デイトレードを経験して、相場と適度な距離を保てるスイングトレードの方が、精神衛生面もラクになりました。

詳しく記事を見る

スイングトレードのデメリット

連敗すれば、みるみる資金が溶けることもある

今度は、スイングトレードのデメリットを見てみましょう。

トレード機会が多いということは、それだけ資金の増減スピードも早いということです。うまくいけば、資金はみるみる増えていきますが、やみくもなトレードを繰り返して連敗すれば、凄いスピードで資金が溶けていきます。

スイングトレード成功の秘訣は、勝てる可能性が高いトレードを繰り返し行うことですが、時には、連敗が続き、資金を一時的に減らしてしまうことあります。連敗時に、パニックにならないよう、資金を守る方法は絶対に身に付けておきましょう。

資金のマネジメント方法を知らない方は、一旦、実践を中止して【資金管理】についての知識を深めることをオススメします。

スイングトレーダーに必須の資金管理術とは?

スイングトレーダーに必須の資金管理術とは?

資金管理とは、物凄くザックリ言えば、お金の使いすぎを防ぐための管理術ことです。株式投資、強いてはスイングトレードは、勝ったり負けたりを繰り返しながら、年間収益プラスを目指していく手法になりますが、時には、連続で負けてしまうこともあります。3連敗なんてザラですし、10回近く連続で負けてしまうケースも稀ですが出てきます。 もし、掛け金や負け金を適当に決めていたらどうなるでしょうか?

詳しく記事を見る

毎日、ストレスを受けることもある

配当金(優待)目的の長期ホルダーであれば、目先の株価がいくらになろうとも、気にしない方が多いと思います。しかし、スイングトレードの場合は、株式の売却益が全てです。そういう意味では、目先の株価変動に振り回されてしまう方は多く、デイトレードやスイングトレードの方が、ストレスを受けやすい運用方法と言えるかもしれません。

銘柄選び・チャート分析に時間が取られる

銘柄選びは、株式投資の醍醐味とも言えますが、とっかえひっかえしながらトレードを繰り返すスイングトレードは、常により良い銘柄を探すために、情報を収集したり、チャートを分析する時間が必要です。

銘柄を探したり、チャートを分析することが好きな方にとってはデメリットになりませんが、情報収集や銘柄を探す作業に時間を割きたくない方には向かないかもしれません。

銘柄選びを人(専門家)に任せるやり方もあります。

おすすめ株情報サイト

これでもう銘柄選びに迷わない!銘柄選びのスペシャリスト!(無料)

株情報サイトの特徴は、投資助言の資格を持った株の先生が、私達に変わって、株式投資の情報を集めてきて、シンプルにまとめてくれるところです。

無料で、いま買うべき銘柄を教えてくれたり、保有銘柄について診断してくれる「無料銘柄相談」が画期的で、 銘柄の探し方が分からない人・銘柄を探す時間がない人にとっては、とても、ありがたいサービスです。無料会員でも十分に有益な情報を得られますが、より、手厚いサービスを受けたい場合や、積極的な運用をしたい場合は、有料サービスをご検討ください。

こちらのページで、私が実際に使ってみて良かったと思ったサイトを紹介しています。過去に紹介された銘柄とパフォーマンスも載せていますので、ぜひ、参考にしてください。

おすすめ株情報サイトを今すぐチェック

株式投資スイングトレードの具体的アプローチ

スイングトレードを成功させる必要な要素として、私は、「①環境認識」「②チャート分析」「③銘柄選び」「④資金管理」「⑤感情管理」の5つのスキルが必要だと感じています。

それぞれの重要さをグラフで表してみました。

①環境認識
必要
②チャート分析
必要
③銘柄選び
必要
④資金管理
最重要
⑤感情管理
最重要

この5つのスキルをバランス良く身に付けることが、株式投資攻略の秘訣だと感じます。

初心者の段階では、①~⑤をバランスよく身に付けていくことが大切だと思いますが、株式投資で、初心者からステップアップするためには、"最重要"とした④資金管理、⑤感情管理、この2つのマネジメント能力がカギを握っていると感じます。

スイングトレード

“重要なのは、
何に投資するかを決めることではなく、
「どれくらい」投資するかを決めることなのである。

ポジションサイジングとトレード心理は、
マーケットで成功するために不可欠な2大要素である。”

トレーダーの間では有名な、心理学者「バン・K・タープ」の言葉を引用させていただきましたが、相場は、常に目まぐるしく変化していきます。

どの銘柄を選ぶか、いつ買うのか、どれくらい買うのか、いつ売るのか、いくらで利益を確定するのか、いくらで損を確定させるのか…、それから、どの情報に耳を傾けるのか、どの情報を切り捨てるのか…そんな、決断の繰り返しです。

株式投資を始めたばかりの人は、まずは、①環境認識・②チャート分析・③銘柄選び に多くの時間を費やすことになると思いますが、現在の相場状況がどういう状況にあるか、どのようにチャートを分析したら良いか、あるいは、どんな銘柄を選んだ方が良いかは、ある程度の経験と慣れによってカバーすることができ、ルールを作ってパターン化することもできます。しかし、その判断を下したり、実行するのは自分自身です。

トレードの最も難しいところは、常に変化する状況の中で、資金を守りながら、自分自身で最適解を導き出し続けなければならないことです。感情管理という言葉を使いましたが、いろんな意味で精神的なタフさが問わる訳です。私は、株式トレードをメンタルスポーツ・メンタルゲームだと思うことがあります。

こうした理由から、 ④資金管理 と ⑤感情管理 を"最重要"としています。

それでは、「①環境認識」「②チャート分析」「③銘柄選び」「④資金管理」「⑤感情管理」について、ひとつずつ見ていきましょう。

①現在の相場環境を認識する

現在の相場の環境・状況を知るにはどうすれば良いでしょうか。

などの方法があります。

ファンダメンタルズ分析をする上で個人的にポイントだと思うのは、世界経済の中心にある、アメリカ様の経済状況を把握することです。なぜなら、2012年~2017年まで、6年連続株高を記録しましたが、昨今の株高はアメリカの好景気に支えられているからです。

JPX(日本取引所グループ)の最新資料によれば、海外投資家の比率は金額ベースで " 東証1部:71.5%・東証2部:39.9%・マザーズ:34.1%・JSQ:34% " ほどの取引量があります。この数字からも、現在の日本株式市場における外国人投資家の影響力は、非常に大きなものになっているのが分かります。

ファンダメンタルズ分析や、ニュースのチェックは株式投資をする上で大切なことですが、当サイトは、テクニカル分析に重きを置いたスイングトレード攻略サイトということで、スイングトレードをする上で役立つ、より具体的なテクニカル分析を使った環境認識方法「ダウ理論」について書いた記事をご紹介します。

環境認識について、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください!

②チャートを使って、テクニカル分析をする

スイングトレードをする上で、絶対に欠かす事のできない大切な相棒は「株価チャート」です。

チャート分析(テクニカル分析)と呼ばれる方法には様々なやり方があって、トレーダーの誰もが、聖杯(正解)を欲していることと思いますが、私がふだん行っている基本手法をいくつかご紹介します。

※ここでご紹介している「ダウ理論」「ブレイクアウト手法」などは、必ず勝てる手法として紹介している訳ではありませんが、あらゆるトレード手法の基になっているものです。ご存知ない方には目からウロコな情報かもしれません。少なくても、何かしらの発見や気付きがあるはずです。これらのトレード手法は、株式投資以外の相場取引、例えば、先物指数・FX(為替)・ビットコイン(仮想通貨)など、あらゆる相場に応用できます。

ダウ理論は、テクニカル分析の元祖といわれるほど歴史が古く、トレンドフォロー型のテクニカル指標の多くは、このダウ理論から派生したものと言われています。まずはチャート分析の基本中の基本をマスターしてはどうでしょうか?

③スイングトレードに適した銘柄を選ぶ

スイングトレードに適した銘柄は、どのように見つければ良いでしょうか?2017年12月末時点の上場会社数は「3,602社」もありますので、銘柄選びに困っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方は、以下、記事が解決のヒントになるかもしれません。

④スイングトレードの資金管理術を知る

先ほどご紹介した心理学者の投資格言がありましたね。

“重要なのは、何に投資するかを決めることではなく、「どれくらい」投資するかを決めることなのである。ポジションサイジングとトレード心理は、マーケットで成功するために不可欠な2大要素である。”

ポジションサイジングとは、どれくらい株を買うのかということですが、つまり、どう資金を管理していくのかというマネジメント能力が、株で成功する為には必要不可欠であるとバン・K・タープは論じている訳ですね。

資金管理とは、言うなれば「守り」です。トレード分析は「攻め」です。この2つの歯車がうまく噛み合って、はじめて、トレーダーを名乗ることが出来ると思います。攻めっぱなしで失敗している方は、一度立ち止まって、資金管理について、また、リスクについておさらいしてみましょう。

⑤スイングトレードのメンタルの重要性を知る

上述の通り、ある程度の経験と慣れによって、スイングトレードに適した銘柄を選んだり、チャート分析して買い時や売り時を見極めていくことは上達していきますが、時に魔が差し、訳の分からない行動をとってしまうことがあります。

例えば…、ストップ高銘柄に手を出してしまったり、損切りする予定だったのに見送ってしまったり、はたまた、もっと早く稼ぎたいからと掛け金を2倍に増やしてしまったり…、株式投資をしていると、様々な欲望が襲い掛かってきます。トレードは、自分の精神的未熟さが露骨に出るメンタルゲームです。

判断を見誤ってしまいそうな時に見返したい記事をいくつかピックアップしてみたので、メンタルゲームに負けそうなときに良かったら読んでみてください。

株スイング投資.comの人気記事を見てみよう!

当サイト(株スイング投資.com)の人気記事を紹介!
スイングトレードに興味を持っている方が、どんな記事を参考にしているかを確認してみよう!

株式投資のスイングトレード手法・コツ

管理人の注目銘柄・チャート分析方法

当サイトの新着記事(新着順)

株式投資スイングトレードに貴重な情報源

最後に、株式投資初心者に心強い、個人投資家に対して投資助言を行っている株サイトの中から、スイングトレードをするにあたってオススメの株サイトを3つ紹介します。

無料会員に登録すると、その時の相場に応じたオススメ銘柄を教えてくれたり、日々の相場状況をまとめたレポートをメール配信してくれます。また、メールや電話で銘柄相談も可能です。なかでも推奨銘柄は、直ぐに動きそうな短期トレーダー向けの銘柄が多いため、スイングトレーダーとの相性は抜群です。

銘柄選びに自信がない方は、是非チェックしてみてください。(冗談抜きで、相当使えると思います♪)

おすすめ株情報サイト

スイングトレーダー必見!おすすめ株情報サイト

株情報サイトは、特需買い・思惑買いなど、テクニカル分析だけではどうしようもない、時事系銘柄やテーマ株情報をいち早く発信してくれることも多く、短期トレーダーとは相性が良いと感じます。

無料で、いま買うべき銘柄を教えてくれたり、保有銘柄について診断してくれる「無料銘柄相談」が画期的で、 銘柄の探し方が分からない人・銘柄を探す時間がない人にとっては、とても、ありがたいサービスです。無料会員でも十分に有益な情報を得られますが、より、手厚いサービスを受けたい場合や、積極的な運用をしたい場合は、有料サービスをご検討ください。

こちらのページで、私が実際に使ってみて良かったと思ったサイトを紹介しています。過去に紹介された銘柄とパフォーマンスも載せていますので、ぜひ、参考にしてください。

おすすめ株情報サイトを今すぐチェック
Return Top