山王(3441)特許の思惑で株価はストップ高に!

山王(3441)特許の思惑で株価はストップ高に!

米中合意の破棄なしで日経平均は上げ幅を拡大!

小幅高で始まった本日の日経平均ですが、前場後半にかけて上げ幅を拡大し、11時頃には高値2万622円まで買われる場面も確認されています。

その理由は、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長が米中貿易合意の第1合意に関して、トランプ大統領は合意を破棄するつもりはなく、通商合意が危険にさらされることは「全くない」と述べたことが理由とされています。

本日10時過ぎ、ブルームバーグよりこの報道が伝わると上げ幅を拡大したのです。

新型コロナウイルスの感染拡大によって米国でも多くの感染者と死亡者が確認され、トランプ大統領はその原因が中国にあるとしていました。

感染が確認された中国で食い止めなかったことや、そもそもこのウイルスは中国武漢の研究所が起源であること、そしてその証拠もあるなどとし、つい先日も習近平氏とは「今は話したくない」などと発言していました。

両国の関係性が再び悪化しつつある中、今年1月に署名した米中間貿易交渉の制裁関税の一部を引き下げる第1段階合意が破棄される可能性も考えられていましたから、今回の発表が投資家に安心感を与えたのでしょうね。

後場にはいると更に上げ幅を拡大して本日の高値を更新していますし、今日はこのまま堅調な展開となるのではないでしょうか。

山王(3441)特許の思惑で株価はストップ高に!

そんな中、本日は思惑から山王(3441)が株価を急騰させています。

【3441】山王

水素透過膜及びその製造方法」に関し公開特許公報が確認されたことで、近日開示の期待が膨らみ買いを集めているようです。

尚、昨年3月4日発表した「水素エネルギー社会に向けた技術・事業化研究開発の水素透過膜進捗に関するお知らせ」に関連する特許とされており、昨年3月当時もこの材料を理由に株価を急騰させていました。

また、山王は過去にも水素の特許や導電性微粒子の特許などで株価は2倍から3倍近くに急騰させたこともあり、今回も同様の展開を見込んだ先回り的な買いを誘った模様です。

あくまで現時点では思惑買いに過ぎませんが、過去の展開を含めて期待が大きく投資家の関心を集めたのでしょう。

一説には、早ければ明日にも開示されるのではないかとの噂も聞かれます。

興味深い話ですし本日だけでなく引き続き材料とともに株価をチェックしたいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは無料コンテンツが豊富な《グラーツ投資顧問》です。

無料の銘柄推奨、無料の銘柄相談、無料の市況ニュース、無料のコラムなど、お金を使わず利用したいと考えるなら最適でしょう。また、ホームページがとても見やすいので初心者の方でもわかりやすいのではないでしょうか。もちろん、推奨銘柄の精度も高いことから上手く利用して稼ぐと良いですよ。

もう一つ忘れてならないのは《新生ジャパン投資》です。

ラジオNIKKEIでお馴染みの有名人「高山緑生(本名:前池英樹)」が代表取締役を務める投資顧問ですね。有名人を起用する投資顧問はいくつかありますが、本人が代表を務める会社は非常に珍しくそれだけ安心感があります。こちらも無料の銘柄推奨や無料の銘柄相談など、様々なサービスが無料で利用できますから、まずは気軽に登録してみると良いでしょう。

《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》

本当は他にもオススメしたい投資顧問はありますが、あまり多くを取り上げても手間ですよね。そこで私自身が実際に試したオススメの上記2つを利用してみて、興味が沸いたら他の投資顧問を探すくらいで十分です。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事