新型コロナ 手作りマスクの需要増でミシン株が急騰!

新型コロナ 手作りマスクの需要増でミシン株が急騰!

新型コロナ 手作りマスクの需要増でミシン株が急騰!

本日も新型コロナウイルスに関連する話題の絶えない一日であり、都内では新たに181人の感染が確認されました。

昨日も144人の感染者が確認され過去最多となりましたが、またしても一日で上回る結果に。

また、空港の検疫で見つかった人やチャーター機で帰国した人なども含めた、全国の感染者数はついに5000人を超える5002人となった模様です。

東京オリンピックの開催延期を発表した辺りから国内の感染者数は増えていましたが、特にこの数日の増え方は激しいですね。

経済面においても以前から危惧されていたように先行き不透明であり、いつ終息のかわからない現状に対し、本日、日銀の黒田総裁は「必要があれば躊躇なく追加緩和を講じる」と表明していました。

日経平均を見ると3月中旬頃に底を打ったように見えますが、終わりの見えない今の状況を見ると、本腰を入れての投資活動という気が起きない人は多いのではないでしょうか。

株式投資のセオリーで考えるなら将来的な業績拡大を意識した中長期運用が基本でしょうが、こうした状況では短期目線が基本となりデイトレメインで運用されてる方も多くないはず。

特に個人は短期を好む傾向が強いでしょうから、一日単位で物色の矛先を変える方も珍しくないでしょうね。

そんな中、本日も新型コロナに関連するあるテーマが人気を集めていました。

それはミシン株です。

全国的にマスクの売り切れが続くことで、マスクを手作りするための家庭用ミシンが大人気となっているようです。

そうした話題から、蛇の目ミシン工業(6445)ペガサスミシン製造(6262)などが人気を集めていました。

また、本日は建設機用のフィルタで高シェアを誇るヤマシンフィルタ(6240)が、性能低下が少なく繰り返し使えるマスク用フィルタの供給開始を発表し堅調な推移を見せました。

発表によると市販されているマスクへ取り付けることが可能なフィルターであり、長時間使用しても性能低下は僅かといった特徴があるようです。

最近はこうした新型コロナに関連するテーマ、連想されるテーマへの物色傾向が強いですね。

それも日替わりのように新たな関連テーマを求めて資金が向かうことが珍しくなく、翌日には急落というケースも珍しくありません。

ただし、一度物色されたものは何らかの話題から再び人気を集めることも多々ありますから、今回の上昇に乗り遅れても折に触れて人気化が考えられますから今後もチェックしていきたいですね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事