2021年より国産新型車に自動ブレーキ義務化!関連銘柄に注目!

2021年より国産新型車に自動ブレーキ義務化!関連銘柄に注目!

2021年11月より国産新型車に自動ブレーキが義務化へ!

いよいよ2021年から自動ブレーキの義務化がスタートすることになりましたね。

国土交通省は昨日、国産の新型乗用車を対象に2021年11月より、自動ブレーキの搭載を義務付けると発表しました。

すでに大型トラックやバスは2014年から搭載が順次義務化されていましたが、今回対象となるのは普通自動車や軽自動車、3.5トン以下の貨物車両の新型車が対象となります。

今年は、あおり運転や高齢者による悲惨な事故などが相次ぎ社会問題となりました。

その結果、あおり運転罪の新設やサポートカー購入で補助金など政府も対策を進めてきましたが、また新たな前進という恰好ですね。

尚、自動ブレーキは後付けの搭載が難しいため、既に販売済みの車は対象としないとのこと。

また、自動ブレーキは18年に販売された国内の新車の84.6%に取り付けられていますが、自動車各社によって性能にばらつきがあるため、20年1月に国際基準が発効することを踏まえて同様の水準へ厳格化するようです。

これは自動ブレーキ関連が再び脚光を浴びるかもしれません。

自動ブレーキの義務化により同関連銘柄に注目!

銘柄コード 銘柄名 現在の株価※ 前週末比
7215 ファルテック 1,252円 +48円(+3.98%)
6962 大真空 1,771円 +12円(+0.68%)
6779 日本電波工業 540円 ±0円(±0%)
7268 タツミ 464円 -6円(-1.27%)
7725 インターアクション 2,832円 -21円(-0.73%)

※株価は11時30分時点を参照しています。

こちらは以前まとめたものの再掲になります。

なにより自動ブレーキ関連銘柄は非常に多くの企業が関係していますから、これら直近で人気を集めたものを中心に注目するのが効率が良いでしょう。

また、上記とは別に昨日は曙ブレーキ(7238)が『曙ブレーキ製品、トヨタの新型「ライズ」ならびにダイハツの新型「ロッキー」に採用』を発表しています。

株価に目立った反応は見られていないものの、同社も自動ブレーキ関連の一角ですし注目したいと思います。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事