大人気「鬼滅の刃」に注目!鬼滅の刃関連銘柄とは?

大人気「鬼滅の刃」に注目!鬼滅の刃関連銘柄とは?

一大ブームはまだまだ続く!?鬼滅の刃に注目!

今大人気の漫画といえば週刊少年ジャンプ連載の「鬼滅の刃」です。

以前から人気作品として注目されていましたが、今年の4月から9月末までアニメ化されたことで人気はさらに広まり、アニメ放映が終了した現在もその勢いは衰えることをしりません。

それどころか、放映後の現在の方が人気は最高潮に高まっている印象を受けます。

来年は舞台化や映画化が決定していますし、恐らくアニメの第2期も計画されているのではないでしょうか。

この人気はまだまだ続きそうですね。

コミックス年間累計売上で鬼滅の刃がワンピースを抜いて首位に!

これまでコミックスの売上1位といえば同じ週刊少年ジャンプで連載の「ワンピース」です。

なんと年間累計売上ランキングは11年連続1位という記録を誇るのですが、この絶対王者を11年ぶりに超えたのが鬼滅の刃でした。

なんでも今年10月第3週までの累計売上数ではワンピースがトップを維持していましたが、10月第4週にデータが更新された際にランキング1位となったそうです。

ある書店員さんもすさまじい勢いを感じており、売上数のデータが確認される前からワンピース超えを体感していたとのこと。

また、年末までに大量に補充がほしく集英社さんに増刷をお願いしていたのが印象的でしたね。

正確なオリコンランキングは、11月までの売上を反映して11月末〜12月上旬に出る予定ですが、今年は鬼滅の刃が1位となる可能性が高そうです。

他にも人気が見て取れる様々な話が続々と聞かれています。

例えば、今年11月11日発売の週刊少年ジャンプ50号には鬼滅の刃のシールが付録についていたそうですが、この付録を求めてジャンプが売り切れる書店が続出。

単行本も入手困難で完売が続出しており、ネット上では「最新刊以外は完売していた」「近所の本屋全てまわったけど全滅」などが確認されています。

尚、最新刊となる18巻は明日12月4日発売ですが、初版だけで100万部の発行が決定しており、これによって単行本累計発行部数は2500万部を突破する見込みだそうです。

また、漫画やアニメグッズを多数取り扱うアニメイトのツイッターでは「鬼滅の刃グッズを入荷してもすぐに完売しちゃうのおおおおおおおお!!!!!!」と供給が追い付かない状況をうかがわせていました。

少し調べれば次々と確認される鬼滅の刃ブームですが、やはりここまでの人気を誇る作品なら関連銘柄を探したくなるのが投資家の習性です。

そこで今回、自分なりに探してみましたので簡単にまとめてみたいと思います。

ありそうで意外に少ない?鬼滅の刃関連銘柄の紹介まとめ!

【4446】Link-U

20191203 リンクユー

Link-Uは主に「電子書籍」や「動画配信」の分野において実績と強みがあり、特に漫画アプリに強く小学館「マンガワン」運用が柱です。

そんな同社ですが11月28日に集英社と業務提携を発表。

新規マンガ配信サービスとして、鬼滅の刃を含むジャンプ作品を配信するサービスを企画・開発・運営し、電子コンテンツを多数のユーザーに配信し両社の収益拡大を図るとしています。

【4424】AMAZIA

20191203 AMAZIA

AMAZIAもLink-Uと同じく漫画アプリ「マンガBANG!」を運営しており、広告や一部課金で収益化しています。

電子書籍関連の中でも有名な一社であり、現在鬼滅の刃の電子書籍も配信しており、品切れが続くコミックスを電子書籍で購入へと繋がるかもしれません。

【7809】 壽屋

20191203 壽屋

壽屋はフィギュアやプラモデルの企画・製造・販売版権獲得力に強みがあり、欧米やアジア地域にも展開しています。

鬼滅の刃グッズとしてキーホルダーやバッジ、フィギュアなどを販売しており、第67期第1四半期報告書では『直営店舗、ECサイトによる小売販売につきましては、鬼滅の刃シリーズの商品が好調に推移』との一文もあり関連グッズの販売が期待されます。

【3935】エディア

20191203 エディア

エディアは主にスマホ向けゲームと店舗検索アプリなどを展開しており、自社単独と他社提携で企画開発や運営しています。

子会社の一二三書房社から来年1月に缶バッジやスラップの販売を予定しており現在予約を受け付け中です。

こちらも人気の関連グッズとして好調な販売が期待されます。

鬼滅の刃関連銘柄まとめ

色々と調べてみましたが、正直これだという本命株は選び辛いですね。

直球を狙うならアニメ配信を手掛けるU-NEXTのUSENHD(9418)や、FODのフジHD(4676)がわかりやすいのですが、あまり大型株を挙げても個人的に面白くないので今回はあえて除外しています。

やはり少しでも時価総額が低く値上がり益が見込める投資妙味に満ちた銘柄が望ましいですから。

恐らく、今後も関連企業は続々と確認されると思います。

特にグッズは多くの企業が関連しますし、上記にまとめていない銘柄も実は見つけています。

また時間のある時にゆっくり調べて面白い銘柄を見つけた際には更新しますね。

さらに専門的な見解を基にした短期急騰銘柄を探すなら

さらに専門的な見解や分析によって選定された有力銘柄をお探しの方は「投資顧問サイト」を利用されるのが良いでしょう。

今では利用していない人のほうが少ないといっても過言はないでしょうし、なんといっても無料で簡単に登録できますから利用しない手はないでしょう。

また、一部のテーマ株に限らずお持ちの銘柄に関する無料相談も受け付けていますから、銘柄探しに利用するだけでなく専門家の意見や売買判断を仰ぎたい方にもおすすめなんです。

ちなみに皆様は投資顧問サイトを利用された事がありますか?最近は無料でも本当に使えるサイトが増えたんですよ。

私が個人的にオススメするのは2018年に正にテンバガー級の【株価11倍】エムティジェネックス、【株価10倍】地域新聞社など、ドンズバで先読みした《株エヴァンジェリスト》。ここは2019年もテンバガー級の急騰銘柄をスッパ抜いてくれるんじゃないかと期待しています。

他には情報収集ツールとして私も日々使用している《新生ジャパン投資》や、《グラーツ投資顧問》など。ここら辺の株サイトをチェックしておけば、相当な確率でテンバガー級の急騰銘柄を狙える機会が増加するかもしれません。本当にオススメですよ。

《株エヴァンジェリスト》の無料情報を試してみる》
《新生ジャパン投資》の無料情報を試してみる》
《グラーツ投資顧問》の無料情報を試してみる》

情報収集のコツとしては、株式投資用のメールアドレスを一つ用意して株サイト情報用として活用する方法が一番捗ると思いますよ。

今は何をするにも「時短」の時代です。

自分で株の情報を探す」よりも、「その日の注目銘柄や要点がまとめられた情報を受け取る」方が断然早いですし、効率的です。個人投資家の方で、投資顧問サイトを利用していない方が少数派の時代かもしれません。株式投資における優位勢は「情報力」ですからね。

昨年は夏相場以降にテンバガー株が多数出現しました。2019年もそろそろテンバガー級の急騰株が登場るかもしれません。今年こそは乗り遅れないようにしたいですね。

▼【登録のやり方】
1,無料のメールマガジン登録をする
2,すぐに「急騰候補株情報」を受け取れます
3,後はメルマガで無料情報を定期的に受け取れます

注目株カテゴリの最新記事