Read Article

マーケットはジリ上げ、英国EU離脱投票までいよいよカウントダウン

マーケットはジリ上げ、英国EU離脱投票までいよいよカウントダウン

マーケットは英国のEU離脱の話題で持ち切りですね。

今日の後場から東京市場は上昇して引けましたが、東京引け後のインデックス(日経225先物)や為替の動きを見ていると、ジリジリ踏み上げています。

そして、株式市場と相関性の高いドル円相場は、19時を過ぎたあたりから、売っていた投機筋が降参して、積極的に買い戻してきている(利益確定or損切り)ような動きがみられるようになってきました。ショートカバーですね。

ここ数週間の相場状況を振り返ると、米国の経済指標が弱くて「米利上げペースが鈍化」したことに加え、今回の「EU離脱問題でのリスクオフ」が重なり、マーケットは相当ショートに傾いていましたので、このジリ上げが発生しているものと思います。

ショートカバーが続くかどうかはわかりませんが、もし続くのであれば、日経平均株価でいえば16,500付近まで戻しそうな気もしますし、反発狙いのトレードを狙っていくのはアリかなと思っています。

EU離脱/残留どちらでも、注意すべきトレードリスク

株でも為替でもいえることですが、物凄くポジションが偏れば、それだけ反発も大きなものになりますし、これだけ、EU離脱の話題が続いたので、どちらの結果になっても、ある程度の急騰・急落は発生するはずです。

よく為替ディーラーの方達は、相場がスクエア(中立・ノーポジ)になるなんて言いますが、急騰・急落後はマーケットのポジションの偏りが解消されるため、乱高下しやすい相場になります。

「三角持ち合い」の初動は、上下の振幅が広く落ち着くまで時間が掛かりますよね。23日以降(7月以降)は、三角持ち合いの初動状態になると思うので、個人的には値動きが荒いレンジ相場が続くと見ています。

また、こういった政治的な材料で相場が動く時は、テクニカルは正直通用しません。(通用しないことの方が多いです。)

「俺はテクニカル信者だ!テクニカルしか信用しない!」なんて方、けっこう短期トレーダーに多いですが、くれぐれも注意してくださいね。

<管理人自己紹介>
株・FX・コモディティ(原油・金)投資をメインでやっています。2017年に入ってからはビットコイン投資(仮想通貨)をはじめました。なんやかんや相場歴は12年ほどになりました。買いも売りも両方やります。

テクニカル分析(チャート分析)をして、基本的にはチャートに根拠がなければ出来るだけエントリーしないようにしています。ただし、旬な話題株・テーマ株など、資金が向かいそうな銘柄の場合は勢いで飛び乗ることも。スイングトレードの銘柄選びは、主に「スクリーニング銘柄」「話題株・注目株」「投資顧問銘柄」が中心です。ここ数年は、一年に数回訪れる大相場の時は積極的にリスクを取り、それ以外の時はポジションサイズは小さく、リスク管理第一の運用を心掛けています。目標年間リターン30%~、2017年上半期は+19%ほどで折り返しました。

ブログランキングに参加しています。
参考になったという方だけ構いませんので下記バナーをクリックして頂ければ幸いです。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ 株×ブログ!銘柄NAVI

URL :
TRACKBACK URL :

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top